情報強者は旅費を抑えるために人気シーズンを避けて、LCCを利用して交通費を安く抑えています。

旅行には費用を抑えるコツがある

旅行は必ずしも人気のシーズンを選ぶ必要はありません。
例えば夏の沖縄、冬の金沢のように四季を楽しむ旅行でなければ「オフシーズン」を狙うことで手軽に安価な旅行をすることができます。

 

そのためには日頃から人気観光地の情報をたくさん仕入れることで、お得な時期を逆算して「美味しいとこ取り」な計画を立てることが費用を抑えた旅行に繋がるのです!

 

訳ありのホテルを利用する

訳ありで格安なホテル

“訳あり”というのは決して“曰く付き”というわけではありません。
ホテルや旅館では立地の関係上、海が見えることや自然豊かな風景の展望を売りにしていても「景観がよくない部屋」が存在します。

 

せっかく旅行に来てまでそのような部屋を使いたくない人は意外と多く、少しでも部屋を埋めるためにホテルや旅館は不人気な部屋を格安で提供していることがあるのです。
特にホテル予約サイト大手の「じゃらん」では“訳あり”の施設を集めたお得なプランが展開されています。

 

出発時期の迫った旅行先を選ぶ

旅行業者のWebページを参考に航空券を検索すると「出発直前割引」という特集が組まれていることがあります。
通常と同じパッケージングがされている国内外の旅行プランですが、申し込みの締め切りが迫っているという理由で割引になっているという商品です!

 

急な旅行であったり、目的地と日程が決まっていたりする場合はこのような特集にアンテナを立てておくことで、場合によっては安価で普段よりグレードの高い旅行が楽しめるかもしれません!

 

LCCの利用

低コストなLCCの飛行機

LCCとは“Low-cost carrier(ローコストキャリア)”の頭文字を取った用語で、従来の航空会社が行っていた“無償サービスの削減”“機内設備を必要最低限にする”などの努力で格安に航空機が利用できるようになった航空会社の総称です。
情報強者はこのLCCをうまく活用して交通費を最小限に抑えているのです!

 

無駄のないLCCはとにかく安い

大手航空会社の利用と比較してLCCは航空券の値段が圧倒的に安いです。
例えば“成田空港から新千歳空港への片道料金”で比較してみると大手航空会社は「普通運賃でおよそ3万7,000円」で提示されたものの、LCCの同じ条件だと「普通運賃で1万円以下」となりました!

 

各種サービスは有料

大手航空会社では“気分が悪くなった時の医薬品”や“ブランケットや枕の貸与”、さらには“飲み物のおかわり”など多くのサービスが全て無料ですが、LCCの場合これまで無料だったサービスは全て「有料」でしか受けることができません。

 

また機内のサービスではありませんが、キャンセルや払い戻しといった概念は基本的には受け付けていません。都合が悪くなった場合にも料金は「全額負担」になってしまうことも注意が必要です。

 

情報を制する人は旅行を制する

今や格安航空の躍進で、いい意味で旅行への敷居が低くなっています。
あらゆる制度を利用して上手にお得に旅行をするスキルは、情報強者として最も羨まれるスキルの1つなのではないでしょうか。