SNSを活用することで、常に新鮮な情報を手に入れることができます。

新鮮な情報ほど身近なところに

一昔前までは、わからないことがあれば「ググる」のが一般的でした。
それだけGoogleの検索サイトとしての能力は高く、求めるものは全て調べることができるツールだったのですが、今はその常識が変化しています。

 

時代は「ググる」から「タグる」へ

SNSのタグ付け

「タグる」という言葉はご存知でしょうか?
これはSNSによって情報収集することを意味しており、個人や企業の投稿記事に添えられている「ハッシュタグ」を辿って目的の情報を集める手法になります!

 

例えば待ち合わせ前の時間を利用して「#原宿駅前カフェ」などと、SNSでタグを検索することで、オススメのカフェの情報が出てくると言った具合です。
このようにしてGoogle検索だけでは対応しきれない「生の声」を集めることが最近の情報収集の基本となっています!

 

SNSは新鮮な情報の宝庫

新鮮な情報溢れるSNS

 

「タグる」時代においては、情報を得るために盛んに活動が行われているSNSを利用することはマストになっています。
中でもアクティブユーザーが特に多い以下のSNSは情報の発信・共有が頻繁に行われており、新鮮で重要な情報を求める「情報強者」となるためには欠かせないサービスとなっているでしょう!

 

リアルタイム性No.1の「Twitter」

1ヶ月におけるアクティブアカウントの総数が「3億3,000万(2019年4月時点)」に上る、言わずと知れたSNSの代表的存在です。
個人の投稿はもちろんのこと企業や番組、ゆるキャラまでアカウントを開設する賑わいを見せています!

 

何と言ってもTwitterの「呟き」というスタイルにおける「リアルタイム性の高さ」は最も注目すべきポイントで、新装開店した“お店の混雑具合”や“商品の在庫情報”まで個人の呟きから特定することができます。

 

日本人ならではの「電車の遅延情報」までリアルタイムで取得できるTwitterは、新鮮で貴重な情報が取得できるマストなSNSになっています!

 

同じ経験がしたくなる「Instagram」

Instagramは自分が“おしゃれ”や“かわいい”と思った写真や動画を共有する急成長のSNSサービスです!
2016年からは日常のちょっとした風景を短いアルバムにできる「Instagramストーリーズ」が利用できるようになり、ますますコミュニケーションツールとして素晴らしいサービスになっています!

 

「シミュラークル」という言葉があるように、Instagramの醍醐味は他の人の投稿を見て「私も同じことがしたい!」と思わせる魅力が生まれることです。
特におしゃれなお店や観光スポットはwebで検索するよりInstagramで「タグる」ほうが理想の情報に出会える確率が高いでしょう!

 

SNSの活用でワンステップ先の情報取集を

従来の「ググる」もいまだに貴重な情報が得られます。しかし、商品のレビューやレストランの感想などの生の声に対する信頼感が高いのは「タグる」に変化しているのです。
必要に応じて情報収集を工夫してみてはいかがでしょうか