ネットでも実店舗でも買い物をする時には、まず情報収集をする事が大事です。

情報を制するものが買い物を制する?

小さなものから大きなものまで含めると、毎日何かしら購入していることも珍しくないですよね。日常で何気なく行われる買い物ですが、スマホが普及している現代では例えコンビニでジュースを買うだけでも「情報」を制する人が得をする時代になっているのです!

 

それが電化製品や家具などの長期間使う「比較的高価な買い物」をする場合は、顕著に情報量の差で損得が分かれてしまいます。中でも消費のスタイルで損得の大きな分岐点となるのは、やはり「実店舗」で買い物をするか「ネットショップ」を利用するかの違いになるでしょう。

 

実店舗でお買い物をするメリット

実店舗でのショッピング

これまでの長い間、我々の消費を支えてきたのが百貨店や専門店などの「実店舗」です。実店舗での買い物は何と言っても「実物を手にとって商品の使用感を体験できる」点が優れており、メーカーによって同じサイズでも着用感が変化する衣類やシューズなどのアパレル部門は特にこの傾向が顕著に現れます。

 

店舗に行くというコストがかかる

店舗の場合、お店が移動することはできないのでどれだけお得な情報があっても“私たちの行動範囲”にあるお店しか利用しないデメリットもあります。場合によっては安く買えるけれど店舗に行けないので「近場の店舗で商品だけ確認してネットで購入した方が安い」ということも起こりうるでしょう。

 

ネットショップを利用するメリット

お得に買い物ができるネットショッピング

ネットショップは基本的に全く同じ内容の商品が“実店舗より安く購入できる”という点が最大のメリットだと言えます。実店舗では“従業員の賃金”や“店舗の作りに欠かせない光熱費”さらには“店舗の家賃”など必要な経費が多岐に渡ります。

 

その点ネットショップでは人件費は最低限に抑えられ、在庫を抱える場合でも安価な場所を選んで倉庫を借りれば良いだけなので、運用コストが大きく抑えられます。この差が実店舗とネットショップの価格差を産む大きな理由になっています。

 

無駄な買い物をしてしまう恐れもある

ネットショップはWebサイトに記載されている以上の情報を手にすることができません。なので「写真で見たイメージと違う!」という理由から返品や、最悪の場合は違和感を感じたまま使用をしなければならない可能性もあります。

 

買い物を制するには情報を制する

実店舗でもネットショップを利用する場合でも「情報」を持っていることが大きな強みになることは間違いありません。基本的にネットショップの方が値段が安いと言えるかもしれませんが、人間同士のやりとり次第ではお店で買う方がお得なオプションがつく場合も珍しくありません。

 

「何も考えずに店舗で買ったけど、ネットショップで買った方がお得だった!」といった初歩的なミスに陥らないように、複数の店舗やサイトで“金額を比較検討する”ことで「買い物における情報戦」においての勝利を勝ち取ることが大切なのではないでしょうか。