Amazonプライムの特典は月額500円(税込)or年額4,900円(税込)とは思えないほど充実しています。

ショッピングなら「Amazon」

ネットショッピングの王道Amazon

 

ネットショッピングにおいて、いまや欠かせない存在となった「Amazon」はアメリカ発祥の多国籍企業で、AppleやGoogleなどと比肩してアメリカの主要IT企業を総称する“GAFA”の1つに数えられています。

 

日本のショッピングサイトとしての立ち位置においても輝かしいもので、「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などの国内大手のショッピングサイトと共存する上で、飲み込まんとする勢いでトップクラスに君臨し続けています!

 

Amazonを使いこなすことで情強へ

日本国内においても不可欠の存在となっているだけに「Amazonを使いこなす」という点は情強を名乗る上では必須の科目になっています。
Amazonをただのショッピングサイトとしての利用に留まらず、提供されているサービスを最大限利用することで国内トップクラスの意味を実感しましょう!

 

Amazonプライムの活用

Amazonを使いこなす上でマストになるのが、ショッピングサイトには珍しい“有料会員”の「Amazonプライム」というシステムです。
ショッピングにおける送料の完全無料化、お急ぎ便の手数料削減を始めとし、動画配信サービスのPrime Videoや100万曲以上の楽曲が無料のPrime Musicはサービスのほんの一部に過ぎません。

 

大小含めて20を超えるプライム会員の特典は月額500円(税込)とは思えないほど、ショッピング生活を充実させてくれるでしょう。
年額でまとめて支払えば4,900円(税込)にディスカウントされるので、情報強者の間では1年単位での加入が一般的になっています!

 

定期お得便の利用

Amazonプライムの定期お得便

プライム会員に限らないサービスでは「定期おトク便」があります!
これは日用品をその都度購入するのではなく「定期的に配達されるようにする」サービスのことです。
Amazonでは家具や家電から、本や衣類までなんでも取り揃えていますが、その中には電池や洗剤などの日用品も含まれています。

 

それらの“定期的に購入しなければならないもの”を毎回購入するのではなく、購入間隔を指定して自動でお届けしてもらえるだけでなく「最大で10%の割引」が受けられるお得しかないサービスになります!

 

Amazonプライムから見るデメリット

完全無欠に見えるAmazonのサービスですが、やはり懸念すべきデメリットは存在します。
それはAmazonを使いこなす上で欠かせない「Amazonプライム」は“サブスク”サービスである以上、いつ「値上がり」や「サービス内容の変更」があるかわからないという点です。

 

非常に便利なサービスが多数展開されているサービスですが、情報強者にとっては常に動向に目を見張る必要があるサービスとも言えるでしょう。

 

今からでも遅くない!Amazonの利用

懸念すべき点もあるものの、Amazonのサービスは今始めても十分にメリットを実感できるお得なサービスだと言えます。
常にトップクラスのサービスをチェックしたい情報強者のあなたにとってはオススメのサービスになるのではないでしょうか。