現代の情報社会において、勝ち組が身につけている習慣とは?

現代における情報の価値

1800年代後半から1900年代初頭にかけて行われた日本産業革命の時代から、特に二十世紀の間には工業製品の進化が著しくみられました。
しかし二十一世紀である現代は、情報通信の技術が急速に広まり、かつての工業製品がもたらす社会から瞬く間に「情報」の価値が高まりを見せる「情報社会」になりました。

 

ネットワークが急速に普及した情報社会

 

2010年頃には、それまで電話やショートメッセージ等の通信機能で情報通信の最先端にいた携帯電話の産業に「パソコンに匹敵する情報を得ることができる」スマートフォンと言う新しい形の情報端末が登場し、ものの数年で国民の2人に1人以上が保有する生活必需品へと昇華しました。

 

2019年現在では圧倒的な普及を見せつけたスマートフォンをはじめとし、IoTを取り入れた最新のハードウェアに「AI」などの最新テクノロジーをクロスさせることで、ますます情報の価値が高まっています。

 

現代社会において必要な情報は多岐に渡りますが、それらを持っているのは当たり前で、情報を「どのようにして生活に生かせるほど洗練させることができるか」が焦点となっています。

 

「情報弱者」とは

情報社会になってよく耳にするようになったのが「情報弱者」と言う言葉です。
これは高度な情報が取り扱われる現代社会における「情報格差」がもたらした言葉で、それぞれの個人が得ることのできる情報の「質」や「量」の差から生まれる「情報に疎い人」を指すものになります。

 

インターネットスラングとしても用いられる言葉で、Webをいつでも使える環境にありながらその機能を使いこなすことができず、初歩的なミスやITリテラシーの低さを伺わせるような発言に対して揶揄表現として使われる場合もあります。

 

 

情弱と言われる人の特徴

情報弱者の特徴として「何事もまず人に聞いて自分で調べない」と言う特徴があります。
もちろん人に聞いて解決をするならばその場はそれでいいかもしれませんが、長期的にみて人に頼ることが必ずしも吉であるとは限りません。

 

自分で調べないことの弊害

スマートフォンで情報収集

 

今の時代はインターネットで検索をかければ大抵の情報が数秒で手に入ります。それは非常に簡単なことで誰にでもできることです。
そんな世の中で情報を自ら調べて少しでも多くの情報を元に“自らの意思を決定しない”と言うことはその時点で同じ悩みを持った人から出遅れているとも言えるでしょう。

 

人に聞く行為はもちろん大切なことですが、答えを得るために人の「時間というリソース」を割いてもらっているという認識を持たなければいけません。
そして回答してくれたあなたの身の回りの人は、膨大な時間を割いて勉強したことをあなたに教えてくれている可能性だってあるのです。

 

ましてや回答者がその道のプロなら確実に努力をして出した答えになるでしょう。
「調べてもわからないようなこと」に対して“最終手段”として頼るようにしなければ、その気はなくとも自分だけでなく他人まで弱者の渦に巻き込むことになってしまうのです。

 

情報の差が生んだ損益の実例

 

情報による経済格差が生じた仮想通貨

 

情報に格差が起これば「私生活で損をする」ことも容易に考えられるでしょう。少し前に有名になった「億り人」という言葉をご存知でしょうか?
これは最新の金融サービスである「仮想通貨」を用いて1億円を超える利益を出した人の総称です。

 

そもそも仮想通貨という言葉を聞いたのはビットコインの取引所がハッキングされたことでニュースになってからではないでしょうか。
報道があった時には情報強者は利益を得ている状況だったので、この時点ですでに「情報による経済格差」が生まれていたことになります。

 

格安SIMは情報社会の代表角

より身近で実践的な例で言えば、代表的なのは「格安SIM」です。
格安SIMとは携帯会社大手3キャリアの回線を間借りする代わりに高騰しているスマホの通信料を抑えることのできる新しいスマホプランのスタイルになります。
契約によっては現在の通信量の半額以下の月額料金も実現できる、まさに「知っている人が得をする」仕組みの最たる例になるでしょう。

 

お金の「借入」にも大きな差

事業用資金の調達・個人の生活費や交友費の借入等、今までは銀行や消費者金融を利用するのが一般的でした。
もちろん、これらは今もなお多くの人が利用しているメジャーな借入方法と言えますが、現在では他にも様々な選択肢が新たに生まれています。

 

例えば、個人の方であれば自身のクレジットカードを利用したショッピング枠現金化、法人であればファクタリングソーシャルレンディング等、借入以外でも資金や現金の調達方法は数多く存在するのです。

 

「お金は銀行で借りるもの」と思い込んでいる方を今も多く見受けますが、より条件が良く・フットワークが軽い方法を探してみることが重要です。

 

これからの時代は情報から目を背けられない

2019年における情報の大切さを感じていただくことはできたでしょうか。
今回ご紹介した「格安スマホ」や「ビットコイン」という情報ですら、すでに一頻りのブームが過ぎた後のものになります。
遅れを取り戻すのは難しいかもしれませんが、小さなことから「情報に対しての意識改革」をすることがこれ以上損をしないために大切なのではないでしょうか。